私は戦うのがつらいのです – I am afraid to fight – Q&A – Saint Paisios of Mount Athos, Greece (+1994) ╰⊰¸¸.•¨* Japanese

https://japanese-orthodox-sites.blogspot.com 日本人 JAPANESE ORTHODOX SITES どうやって霊的弱点から逃れるか 私は戦うのがつらいのです I am afraid to fight Q&A – Saint Paisios of Mount Athos, Greece (+1994) ――聖山アトスのパイシイとの対話―― ――長老様、私は戦うのがつらいのです。 ――指からとげを抜き取るのは痛いものじゃが、自分から欠点を引っ張り出すのはそれよりもっと痛いものじゃよ。覚えておくがいいよ。人が誘惑を切り捨てようと努力している時、誘惑は人の前につまずきの石を置くものだから、人はものすごく苦しむ。それこそ悪魔憑きみたいに苦しむが、それは悪魔と戦っているからなのじゃ。けれどもやがて悪魔憑きは自由になるのじゃ。 自分を浄めるというのは、ボタンを押すように簡単にはいかんものでな。自動的に、何の苦労もなしに得られるものではない。木を切り倒すのと同じで、霊的欠点もすぐには切り捨てることが出来ん。のこぎりで幹を切るのに長いことかかるではないかの。しかもそれでおしまいではないのじゃよ。丸太から家具を作るのに、どれだけ苦労しなければならんことか!まず丸太を切って、板にして、職人が時間をかけて磨いて、それから家具にしていく。 ――もし、そのような努力が必要だと私が思わなかったら? ――その時は、切り株のままでいるじゃろう。そしてしまいには火に投げ込まれるじゃろうな。 ソース: http://nagoya-orthodox.com http://nagoya-orthodox.com/ja/アトスの長老パイシイの教え_どうやって霊的弱点から逃れるか.html 名古屋正教会 NAGOYA ORTHODOX CHURCH Advertisements

Read More 私は戦うのがつらいのです – I am afraid to fight – Q&A – Saint Paisios of Mount Athos, Greece (+1994) ╰⊰¸¸.•¨* Japanese

祈りに興じる To pray – 至聖三者聖セルギイ修道院 ╰⊰¸¸.•¨* Japanese

http://ilovejapanorthodoxy.wordpress.com I LOVE JAPAN – ORTHODOXY 祈りに興じる To pray 至聖三者聖セルギイ修道院 2002年2月末から3月始めにかけて、名古屋教会司祭は モスクワ郊外の至聖三者聖セルギイ修道院へ単身研修派遣されました。 教団機関誌「正教時報」に掲載されたレポートをご紹介します。 正教の奉神礼的生活の一端にでも触れていただければ幸いです。 * * * 伝統には誰でも近づくことができます。伝えられてきたものを忠実に再現することは根気さえあれば、いずれ誰にでも可能となります。幼い時から修行に励んでいれば、私だって今頃はいっぱしの職人でしょう。 しかし芸術にせよ、思想にせよ、生き方にせよ独自の新しい世界を創り出すのは誰にでも可能なことではありません。創造的という悪魔的な言葉にとりつかれ、どれほど多くの人々が人生を空費してしまったことでしょう。 生きること、そして日々の生活には安定したかたちが必要です。まずそのかたちを生活の律動の中で、共に生きる人々と分かち合うことが、生きることの喜びや楽しさへの誰にでも開かれた入り口です。私たちの不幸はそのかたちを失ってしまったことです。 二月末から三月始めにかけ十日間、モスクワから数十キロ北にある至聖三者・聖セルギイ大修道院で過ごしました。七百年近い歴史を持つ、つねにロシア正教会の中心にあった修道院です。巡礼者や観光客への活発な対応へのいそがしさという外皮をはぎ取れば、「伝統」といったら他にどこで探せるのかというほど伝統的な暮らしがそこにあります。 朝の五時半、聖セルギイの不朽体を前にした聖人への感謝祷から始まり、徹夜祷が永眠修道士

Read More 祈りに興じる To pray – 至聖三者聖セルギイ修道院 ╰⊰¸¸.•¨* Japanese